ジラフなら設置方法が選べます

通常設置・屋根貸設置(PPAモデル)かどちらか選んで設置することが可能です。通常設置は、提携ローンをご利用すれば、自己資金0から導入できます。屋根貸設置は、費用は必要なく契約終了後は、無償で譲渡されます。それぞれメリット・デメリットがありますが、一回のお見積りで総合的な比較検討が可能です。メーカーも主要メーカー取り扱いしております。現地調査~施工~アフターメンテナンスまで自社責任体制で対応いたします。無料シミュレーション・お見積りもお気軽にお申し付けください。なお、相見積もりも大歓迎です。施工対応地域は、一貫責任体制のため広島県・山口県西部とさせて頂いております。

よくいただく質問です

太陽光発電・蓄電システムは、以前より普及はしてきていますがまだまだ誤解の多い機器でもあります。上記のような質問をよくいただきます。

私は18年前より太陽光発電の販売施工に携わっています。価格は大幅に下がって導入しやすくなってはいますが、導入に関しての疑問・不安は今でも変わりはありません。

なぜならば、ほとんどの方がはじめての導入だからです。

テレビや冷蔵庫のようにコンセントを入れれば使える家電製品ではありません。工事を伴う住宅設備であるうえに、各お家に合わせつくるオーダーメイド機器です。各お家によって屋根方角・広さも異なり、電気使用量も異なるためそれぞれのお家に合わせた最適機器を選定する必要があります。

同じ地域であったとしても、屋根向きや電気使用量も違うため同じ容量の同じ機器を導入したとしても、経済効果は違ってくるわけです。

その解りにくいところから、お客様の知識不足につけこみ一部悪質業者によるトラブルも問題となった時期もありました。

またネット等で調べているけど、色々な情報があり混乱してしまうとの声もよくいただきます。

ほとんどの方がはじめての導入のため色々な疑問があり、不安が解消されずに導入を見合わせる方もおられるのではないでしょうか?

さまざま疑問を解決できるようレポートにまとめました。無料ダウンロードできますので、是非参考してください!

卸電力10倍に?悲鳴の声!

収入が10倍になれば両手を挙げて喜びますが、同じ電気使用量で支払いが10倍では泣くに泣けませんよね。

2021年に実際にあったお話です。すべての電気料金ではなく、新電力会社との契約で「市場連動型」プランで契約していたお客様が対象となりました。新電力とは、2016年4月に法律のの改正により、電力の販売に参入した企業のことです。大小合わせて1000社以上の企業が参入しています。しかし、発電設備をもってないところが多く「日本卸電力取引所」というところから電気を仕入れ利益をのせて販売しています。「市場連動型」とは仕入れ値に連動するプランだったため仕入れ値が10倍になったため・・・電気料金も10倍になってしまったわけです。10.000円が100.000円ですから悲鳴の声となったわけです。

今回の高騰の原因は、厳しい冷え込みが続き需要が増え、火力発電所の燃料である天然ガスの高騰が原因と言われいます。

需要と供給のバランスが崩れれば、思いもよらない高騰もあり得るわけです。一般の電気料金も2011年東日本大震災以前と比べて平均約18%値上がりしています。

公的研究機関「一般財団法人 電力中央研究所」では、電力単価がどれくらい上昇するかについて、経済が標準的な成長の場合 2.0%上昇 と発表しています。が、

2021年度は、原油・石炭・天然ガス等の燃料の高騰があり2021/10月時点での電気料金が13%上昇と報道されています。

今後の電気料金値上がりの詳細についてレポートにまとめました。無料ダウンロードできますので、是非参考にしてください。

・・電力リスクゼロの暮らし・・

今までの太陽光発電システムだけでも、削減電気代と売電を合わせれば電気代をゼロにすることは可能でしたが、蓄電システムを組み合わせることで、災害時の停電時にも対応できるため電力リスクゼロの暮らしが可能となりました。

電気料金値上がりリスクに備えるだけではなく、万が一の停電時のリスクも回避できる安心の設備です。

でも費用対効果はどうなんですか?

導入費用をかける以上、一番気になるところですですよね。

「太陽光発電システム」に関するインターネット調査で、導入にあたって不安点は何か?の問いに

「初期費用を回収できるか」

「費用対効果はどうか」が上位にきているそうです。費用をかける以上当然といえば当然です。

安いがいいに決まってます。それが人情というものです。導入費用も安いいに決まっています!?

同じ価値であればという条件がつきます。

太陽光発電・蓄電システムは、導入費用も大切ですが、どのような施工工事をするのか?定期点検・アフターメンテナンスは、あるのか?が最も重要となります。

太陽光発電・蓄電システムは、導入し何年電気をつくり続けてくれるのか?が肝となります。いくら安くに導入したとしても、定期点検・アフターメンテナンスもなく早期に使えなくなってしまえば、元も子もありません。ので総合的な検討が必要です。

太陽光発電・蓄電システムは、フリーメンテナンスという人もいますが、永くに安心して使っていただくには、定期点検・アフターメンテナンスは必須といえます。

激安価格の為、美観を気にしないスピード工事(お客様には解らない安価な部材を使う)やアフターメンテナンスまで手が回らないようになれば、発電寿命を短くしてしまう恐れもあるわけです。

残念ながらそのような結果になれば、激安価格で導入したとしても費用対効果は悪くなってしまいます。

”納得価格”で徹底対抗します!

とは言っても導入費用は気になるところです。当社ではお客様に納得していただけるよう”納得価格”で徹底対抗いたします。

最終目標は、「お客様の満足まで発電」を掲げ取り組んでいます。

相見積もり大歓迎ですのでお気軽にお問い合わせください。

費用対効果・価格についてもレポートにまとめました。無料でダウンロードできますので、是非参考にしてください。

以下は、レポートの内容の一部です

どんな会社なんですか?

当社では、現地調査からアフターメンテナンスまで一人専任制を採用し太陽光発電・蓄電システムの導入をお手伝いさせていただいております。

担当者が窓口となりますので、安心してお任せいただいております。すべて社内で完結できますのでレスポンスよくスピード対応が可能です。

美観にもこだわり施工します

自分のお家に施工するのであれば、AとBどちらがいいですか?Aが当社の施工です。Bの施工は茶色の壁に複数の配管、あまり美観がいいものではないですね。

当社では、できる限り隠蔽配管(配管を壁の中や天井裏の内部に隠し、外から配管が見えないようにする施工方法)で施工するようにしています。建物の構造上で隠蔽配管できない場合には、壁と同色系の配管カバーで施工しています。

取り付けするだけではなく、美観にもこだわり責任施工いたします。

シミュレーションをしてみよう!

まずは、ご自宅に導入した場合の経済効果を正確に知ることがスタートです。お気軽に無料シミュレーションをお申し込みください。3社以上でのご検討をおすすめします。